パフォーマンスと安定性が全プラットフォームで向上した「Qt 5.3」リリース

Qt Project

クロスプラットフォームのUIフレームワーク「Qt」の最新版「Qt 5.3」がリリースされています(New FeaturesQt BlogPhoronixReddit)。

Qt 5.3は全てのプラットフォームにおける品質とユーザー体験の向上を目指したリリースで、特に5.2で導入されたばかりで、荒削りの印象が強かった、iOSとAndroidプラットフォームに関する問題が多く解決されているということ。

また、新しいプラットフォームとして「Qt for Windows Runtime」がサポートされています。Qt for Windows Runtimeは、Windows Phoneだけではなく、タブレットやデスクトップPCもカバーしているそうなので、ますます応用範囲が広がりそうですね。他にも数えきれないほどの新機能や機能改善が行われています。

Qt 5.3の紹介動画では、スマートフォンやタブレットを使ったデモが多く撮影されていて、モバイル分野に相当力を入れていることがわかります。UIだけでなく、クロスプラットフォームの共通の課金フレームワーク「Qt Purchasing」なんてのもあるみたいです。すごそうです。

スポンサーリンク