Qt Creator 4.3.0がリリース

Qtquickdesigner codeeditor

The Qt CompanyのEike Ziller氏は5月24日、統合開発環境「Qt Creator」の最新版v4.3.0をリリースしました(公式ブログ)。現在無料で利用できるオープンソース版のWindows/Linux/macOS用実行ファイルを公式サイトよりダウンロードすることができます。

v4.3.0の新機能としてはまずQt Quick Designerの改良が上げられています。デザイナーにコードエディタが統合され、コード編集中にプロパティエディタやナビゲーターが使用可能となったのに加え、グラフィックエディタとコードエディタを分割表示し、相互の変更を即座に確認することも可能となっています。

Qmlprofiler

その他CMake 3.7以降で利用できるserver-modeを利用したビルド環境や、C++開発環境CDB / MSVCデバッギング機能、プロファイラ、Android、iOSなど多岐に渡る項目が変更されています。変更の詳細はChangeLogで確認可能です。

スポンサーリンク