待望の「Rails 5.0」がリリース - Action CableやAPIモード等新機能多数

S 2016 07 03 12 53 34

Rails開発チームは6月30日、Webフレームワーク「Rails 5」の正式版をリリースしました。Rails 5は4つのベータ、2つのRCを経てリリースされた正式版で、RubyGemsの形式でダウンロードして利用することができます。

Rails 5.0の新機能としてはまず「Action Cable」が挙げられています。Action CableはWebSocketsをRailsで取り扱うための新しいフレームワークで、接続やサーバーサイドのチャンネルレイヤー、クライアント側のJavaScriptレイヤーを統合して管理することができます。チャットや通知等のライブ機能を簡単に作成可能で、Active RecordやPOROのドメインモデル全体にアクセスすることもできます。

また「APIモード」も注目の機能の一つです。クライアントサイドのJavaScriptまたはネイティブアプリケーションとJSONで連携して動作するサーバーサイドアプリケーションを作成するのに適しており「rails new backend --api」によって作成することができます。

その他,bin/railsコマンドへの各種コマンドの統合や、test runnerの改良、Turbolinks 5の導入などさまざまな新機能が追加されています。

S icon タイトル Rails 5
公式サイト http://rubyonrails.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7110-rails-5
説明 Ruby製のWebフレームワークRailsのバージョン5系。

スポンサーリンク