randomColor.js - 色相や輝度を指定して魅力的な色をランダム生成することができるライブラリ

Random color

randomColor.js」は魅力的な色をランダムに生成することができるJavaScriptライブラリです(GitHub)。

'#'+Math.floor(Math.random()*16777215).toString(16);

上のようなシンプルなコードでは、グレーやブラウン、Murky Green(暗い緑)が多く作り出されるのに対し、randomColor.jsでは鮮やかな色を多く作り出せるところが特徴的。データの可視化や、ジェネレーティブアートに用いることができると説明されています。

色合いや輝度の指定

randomColor.jsでは、色合いや輝度を指定して、ある傾向を持つ色をランダムに生成することができます。例えば「hue: 'orange'」で、オレンジっぽい色をランダムで作ることができます。

Orange

また「luminosity: 'light'」で明るめの色をランダムに作ることもできます。

Random color generator for JavaScript  randomColor js

引数を指定すれば、完全にランダムな色を作りだすこともできます。詳しくは公式サイトを参照してください。

まとめ

randomColor.jsはMITライセンスで公開されています。JavaScript版から、C#GoPHPPythonSwiftなど多様な言語に移植されているので、他の言語のユーザーの方もチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク