Windows互換のオープンソースOS「ReactOS 0.3.15」リリース

ReactOS

Windows互換を目指して開発中のオープンソースOS、ReactOSの最新版「ReactOS 0.3.15」がリリースされています(公式フォーラムslashdot)。

slashdot本家のコメントに「ReactOSはフリーのオープンソースWindowsクローンなのに、なぜOSSコミュニティはもっとサポートしないのか?」といった意見がありました。確かに他に類をみないユニークなOSなのに、いまいち注目度がひくいような…。

ということで実際に動かしてみました。

しかし、ブルースクリーン

Downloadから、QEMUや、VMwware、Virtual Box用のイメージがダウンロードできるので、簡単に試すことができます。今回は、VMware Fusionで動かしてみたのですが…

ReactOS2

ブルースクリーンで起動できませんでした。VMware Workstationなら動くのかなあ。謎です。

スポンサーリンク