「ReactOS 0.4.2 RC1」がリリース - ファイルシステム、Cygwin&.NET 2.0、ゲームなど改良盛りだくさん

Reactos

ReactOS開発チームは7月28日(現地時間)、オープンソースのWindows互換OS「ReactOS 0.4.2」初のリリース候補となるRC1を公開しました(Phoronix)。現在SourceForgeよりISOファイルをダウンロードすることができます。

v0.4.2ではReiserFS、UFS/FFSのリードサポートや、EXT3、Btrfsのリードライトサポートが追加されるなどファイルシステム関連の多くの改善が行われているほか、Cygwinや.NET 2.0の動作サポートも追加されています。

またゲーム関連でも改良も進み、Elder Scrolls Skyrimや、Doom 3といったゲームがこれまでよりもズムーズにプレイ可能となることが期待されています。

なお0.4.2でどのようなWinodws向けアプリケーションが動作するかはTests for 0.4.2で確認可能です。

I screenshot1 タイトル ReactOS
公式サイト http://www.reactos.com/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/34-reactos
説明 Windows NT互換を目指すオープンソースのOS。

スポンサーリンク