ReactOS 0.4.3がリリース - 300以上の不具合を修正

Reactos

ReactOS開発チームは11月16日(現地時間)、オープンソースでWindows互換を目指して開発が続けられている「ReactOS」の最新版v0.4.3をリリースしました(公式ブログPhoronix)。

ReactOS 0.4.3では多数のカーネル関連の不具合が修正されています。具体的にはWin32サブシステムのクラッシュ対策や、ファイルシステムの修正、USBオーディオドライバの起動、基本フィルタドライバの追加、TCP/IPの修正、カーネルモードDLLの改良、WinSock 2 DLLの書き換えなど多くの修正が行われています。

特にwinsockライブラリの改良は、ユーザーモードで動作する多くのアプリケーションにも影響し、Good old Gameのクライアントや、新しいPythonのランタイムが動作可能になったとされています。

Aoe Ros r72819 c cDosRuns

ReactOSのNTVDM(仮想DOSマシン)の改良によってAge of EmpiresやCommand & Conquerといった、DOS時代のゲームも動作可能となっています。

ReactOS 0.4.3の変更の詳細はChangeLogで確認することができます。またインストールCDやLiveCDはsourceforge.netからダウンロード可能です。

I screenshot1 タイトル ReactOS
公式サイト http://www.reactos.com/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/34-reactos
説明 Windows NT互換を目指すオープンソースのOS。

スポンサーリンク