ReactOS 0.4.9がリリース

Balloon

ReactOS開発チームは7月16日(現地時間)、オペレーティングシステム「ReactOS」の最新版v0.4.9をリリースしました(Phoronix)。

ReactOSはオープンソースでWindows互換を目指して開発が続けられているオペレーティングシステムで、現在公式サイトよりインストール用のBootCDや、そのまま起動できるLiveCD等のISOイメージをダウンロードすることができます。

ReactOS 0.4.9では、これまでと同様に引き続きカーネルの改良が行われているほか、Win32の互換性の改良や不具合の修正が行われています。Wine-Stagingの成果を利用したDLLの更新や、各種細かな改良が多く行われています。変更の詳細は公式ニュースで確認可能です。

なお記事執筆時、公式サイトでのアナウンスや、SourceForgeでのISOファイルの公開はまだ行われていないようです。

I screenshot1 タイトル ReactOS
公式サイト http://www.reactos.com/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/34-reactos
説明 Windows NT互換を目指すオープンソースのOS。

スポンサーリンク