「Ruby 2.3.0」正式版がリリース - 文字列リテラルのfreeze化の推進や、&.オペレータの追加

Ruby

Ruby開発チームは12月25日(現地時間)、Ruby 2.3系初の正式版となる「Ruby 2.3.0」をリリースしました(日本語リリースノートPhoronixslashdot)。公式サイトよりソースコードをダウンロードすることができます。

バージョン2.3.0は、クリスマスごとにリリースされるRubyの最新マイナーバージョンアップ版。Rubyのリリースはセマンティックバージョニングに従っているため、"マイナー"というイメージに反し(?)、マイナーバージョンアップでAPIレベルで非互換の新機能が追加される可能性があります。

実際Ruby 2.3.0では「Frozen String Literal Pragma」と呼ばれる、文字列リテラルをfreezeされたものとして扱うためのマジックコメントの追加や、nilの扱いを簡単化する「&.」オペレータの導入、デバッグを支援する「did_you_mean.gem」の標準添付など、多くの新機能が追加されています

また、ISeqプリコンパイルシステムを作成することができる、RubyVM::InstructionSequence#to_binaryと.load_from_binaryの試験的導入や、パフォーマンスを改良するための多数のチューニングも行われています。詳細はNEWChangeLogファイルを確認してください。

S 2015 12 29 13 12 33

OS X El Capitanでビルド出来ることを確認しました。

スポンサーリンク