Ruby 2.5.0がリリース - 多数の新機能の追加やパフォーマンスの改善が行われる

Ruby 2

Ruby開発プロジェクトは12月25日、Ruby 2.5シリーズの最初の安定版である「Ruby 2.5.0」をリリースしました(ruby-lang.orgHacker NewsReddit)。

Ruby 2.5.0はRubyのメジャーバージョンアップ版としてパフォーマンスが改善されるとともに、以下に示す新機能が搭載されています。

主な新機能は以下の通り:

  • do/endブロック内のrescue/else/ensureの許可
  • yield_selfの導入
  • 分岐カバレッジとメソッドカバレッジの計測のサポート
  • Hash#sliceとHash#transform_keysの追加
  • トップレベルの定数検索の削除
  • pp.rbの自動ロード(require "pp"不要に)
  • STDERRが変更されておらずttyの場合はバックトレースとエラーメッセージが逆順で表示される(エラーの原因が末尾に表示されて分かりやすく)

パフォーマンス改良に関しては、命令列中の全てのtrace命令を削除することで5〜10%の高速化が実現されるなどの高速化が行われています。

また2.4からの注目すべき変更点としては、Onigmo 6.1.3のマージやbundlerの標準ライブラリとしての採用、RubyGems 2.7.3 やRDoc 6.0.1 への更新、Unicode 10.0.0のサポートなどがあげられています。その他詳細はNEWSファイルなどで確認可能です。

Ruby 2.5.0の変更点に関しては以下のブログ記事などで解説されています。

S 20171226 91224

▲rbenv経由で問題無くビルドできました。毎年恒例となったRuby開発プロジェクトからのクリスマスプレゼントです。Rubyユーザーは早速インストールしてみてはいかがでしょうか。

Pc タイトル Ruby
公式サイト http://www.ruby-lang.org/ja/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/1964-ruby
説明 オブジェクト指向スクリプト言語。

スポンサーリンク