「Ruby 2.0.0-p0」公開

Ruby logo R

Ruby 2.0系列最初の安定版となる「Ruby 2.0.0-p0」がリリースされました(ニュースリリースるびま: Ruby 2.0.0リリース特集)。

数多くの新機能や改善が行われたこのリリースですが、主な新機能は次の通りということです。

  • 言語コア機能
    • キーワード引数: API 設計の新しい柔軟性
    • Module#prepend: クラス拡張の新しい方法
    • シンボルの配列を簡単に作るリテラル %i
    • __dir__: 実行中のファイルのあるディレクトリ名
    • default UTF-8 encoding: 多くのマジックコメントが不要に
  • 組み込みライブラリ
    • Enumerable#lazy / Enumertor::Lazy: 無限の遅延ストリーム
    • Enumerable#size: 遅延サイズ評価
    • #to_h: Hash への変換メソッド
    • Onigmo (鬼雲): 新しい正規表現エンジン (鬼車の fork)
    • 非同期例外を安全にハンドリングする API
  • デバッグサポート
    • DTrace サポート: 本番環境での実行時診断を可能にする機能
    • TracePoint: 改善されたトレース API
  • 性能改善
    • bitmap marking による GC 最適化
    • Rails の起動時間を大幅に短縮する Kernel#require の最適化
    • メソッドディスパッチなどの VM 最適化
    • 浮動小数演算の最適化

    「2.0.0 の設計では 1.9 と互換であることに非常に注意を払っています。2.0 への移行は、1.8 から 1.9 の移行より苦労しないと思います」ということなので早速試してみたいですね。素人的にはOnigmoという名前の新しい正規表現エンジンが気になりました。

    スポンサーリンク