Samba 4.10がリリース - Python 3をフルサポート

S 2019 03 21 8 40 14

Samba開発プロジェクトは3月19日(現地時間)、SMB/CIFSプロトコルに対応したWindows互換のファイル共有ソフトウェアSambaの新バージョン「Samba 4.10」をリリースました(Phoronix)。

Samba 4.10は、Python 3を完全にサポートするようになった最初のリリースで、Python 2も引き続き利用できますがPython 3がデフォルトで使用されるようになっています。Samba 4.11以降ではPython 3.6以降がサポートされる可能性が高いとのこと。

Samba 4.10ではpreforkモデルの改善が行われており、KDCのpreforkプロセスモデルのサポートや、DCERPCのpreforkされたNETLOGINプロセスのサポート、preforkモデルの失敗したプロセスの再起動機能の追加、その他のプロセスモデルの改良などが行われています。

その他GPOの改良や、オフラインドメインバックアップ、グループメンバーシップ統計、JSONロギングの強化、多数の変更が行われています。

新機能の詳細はリリースノートで確認可能です。

スポンサーリンク