「Samba 4.4」がリリース - 非同期フラッシュリクエスト、マルチチャンネルの試験的サポート

S 2016 03 23 0 15 16

Samba開発プロジェクトは3月22日、Linux/UNIXマシン上でWindows Serverの機能の一部を提供するためのソフトウェア「Samba」の最新版v4.4をリリースしました(リリースノートPhoronix)。公式サイトより最新版のソースコードをダウンロードすることができます。

Samba 4.4の新機能として、非同期フラッシュリクエストの実装があげられています。SMB2/3クライアントからのフラッシュリクエストを非同期で取り扱えるようになり、他のリクエストをブロックせず処理を継続することが可能となりました。

加えてsamba-toolやsmbstatus、Samba KCC (まだデフォルトではない)、DNSサーバーなど多数の機能の改良が行われています。

またSamba 4.4では試験的実装としてSMB3プロトコルのマルチチャンネルをサポートしています。マルチチャネルはクライアントが一つのSMB認証セッション中で複数の転送コネクションを利用する機能で、フォールトトレラントとスループットが向上することが期待されています。

スポンサーリンク