「SoftEther VPN」がGPLv2ライセンスで公開される

NewImage

VPN構築ソフトウェアSoftEther VPNのソースコードが、GPL v2ライセンスの元で公開されています(お知らせダウンロードGitHub)。

ソースコードは、Windows、Linux、Mac OS X、FreeBSD、Solarisでビルドすることができ、再配布のためのインストーラーまで自動生成できるということ。

昨年はNSAの盗聴問題が大きな話題になったことですし、この手のソフトの重要性が増してくるかもしれません。

スポンサーリンク