SourceTree for Windows 2.0がリリース - UIの改良や高速化、Git Virtual File Systemのサポート

Win 2 header 768x484

Atlassianは28日、同社の開発するGUI Gitクライアント「SourceTree for Windows」の最新版v2.0をリリースしました(公式ブログ)。

今年1月に2.0 betaが公開されて以来、ユーザーのフィードバックを受け取り改善が続けられてきたバージョンで、UIが改善されただけではなく、これまでで最速のパフォーマンスを誇るバージョンであるとのことです。

具体的な新機能としては、リポジトリブラウズ機能を改善するタブ機能などを含むUIの改良や、ハイブリッドLibGit2ハンドラの導入によるパフォーマンスの改善、Microsoftが発表した巨大ファイルの扱いを簡単化するGit Virtual File Systemのサポートなどがあげれています。

S icon タイトル SourceTree for Windows
公式サイト https://www.sourcetreeapp.com/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6968-source-tree-for-windows
説明 Atlassianによる無料のGit GUIクライアント。

スポンサーリンク