「SQLite 3.12」がリリース - さらなるパフォーマンスの改善が進む

S 2016 03 30 9 41 15

SQLite開発チームは3月29日(現地時間)、SQLiteデータベースの最新版「SQLite 3.12.0」をリリースしました(リリースノートPhoronix)。SQLiteはLinux、Mac、Windows等の各種プラットフォームで利用できる軽量データベースで、プリコンパイルバイナリやソースコードをダウンロードすることができます。

SQLite 3.12ではパフォーマンスの改良を目的としてページサイズのパラメータが変更されています。具体的にはSQLITE_DEFAULT_PAGE_SIZEが1024から4096へ、SQLITE_DEFAULT_CACHE_SIZEが2000から-2000へ変更されており、新たらしくデータベースを生成する際のパラメータが影響を受けます。この変更に関してはThe Default Page Size Change of SQLite 3.12.0にて詳しく解説されています。

そのほかLemon parser generatorの拡張や、ジャーナルファイル関連の修正などパフォーマンスに関連した多くの改良や、さまざまな新機能の追加、不具合の修正が行われています。

SQLite http://www.sqlite.org/index.html
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/1993-sqlite

スポンサーリンク