Steam、2019年1月以降OS X Yosemite以前のサポートを終了

S 20181217 91941

Steamが2019年1月1日以降、macOSの10.7(Lion)、10.8(Mountain Lion)、10.9(Mavericks)、10.10(Yosemite)のサポートを終了することを発表しました(MacRumors)。

同日以降Steam Clientがこれらサポート外のmacOSでは動作しなくなることを意味しており、引き続きSteamのゲームを利用するためには、より最新のmacOSを導入する必要があります。

サポート終了の理由に関して、Steamの最新機能は古いバージョンのmacOSでは動作しないGoogle Chromeの組み込みバージョンに依存していること、加えて将来のバージョンはmacOS 10.11(El Capitan)以降でのでみ提供されるmacOSの機能やセキュリティアップデートが必要になことがあげられています。

なおOS X El Capitanは2015年10月に公開されたOS Xのメジャーバージョンアップ版で、2009年以降の全てのMac(および2007年、2008年発売の一部のMac)にインストール可能となっています。詳細は公式サポートページ「OS X El Capitan へアップグレードするには」で確認可能です。

スポンサーリンク