もう誰にも頼らない!!独力でRSSリーダーサービスを構築したい人のための「Stringer」

NewImage

7月1日のGoogle Reader終了に備えて代替サービス・ソフトウェアの開発が活発になってきました。今回は「self-hosted, anti-social RSS reader」として開発中の「Stringer」を紹介します。


NewImage
個別記事を読んでいるときの様子。

NewImage
フィード一覧。

Stringerは、Sinatra、ActiveRecord、PostgreSQL、DelayedJobといった技術を用いて開発されており、Heroku(フリープラン)でも動かすことができるようです。もちろんさくらVPSのようなVPSサービスでも、自宅サーバーでも、RubyやPostgreSQLが動けば動かすこともできます。

私自身は、Google Readerの終了後、どのサービスに移行するのか決めかねていますが、こういう独自路線もありなのかも?という気がしてきました。ソーシャル機能は不要だし、自分で改造できそうだし、サーバが確保できればよい選択肢かもしれません(プロジェクトがある程度廃れず継続していくことも必要ですけど)。

ちなみにUIに関してはTwitter Bootstrapと、Flat UIを使っているそうなので、そういう面でも参考になりますね。

スポンサーリンク