iOS 12.2で利用可能になるSwift 5によってアプリのサイズが小さく高速に

S 20190129 104359

Appleは先日、Xcode 10.2 betaとともにSwift 5を公開しました。

現在開発中のiOS 12.2、tvOS 12.2、watch OS 5.2、macOS 10.14.4で利用可能となるSwift 5では、待望のバイナリ互換(ABI安定)が実現され、アプリのサイズが小さくなり起動も高速化される事が期待されています(9to5Mac)。

Swift 5を利用して新バージョンのOS用にアプリをビルドした場合、アプリにこれまで必要だったSwift標準ライブラリやSwift SDKオーバーレイを含めなくてもよくなるためで、例えばApollo for Redditは35.7MBから30MB以下に、PCalcは86.8%から80MBに、Chirpは28.8MBから20MB以下に、それぞれ10〜30程度サイズが小さくなることが予想されます。

OSのアップデートとともに、Swift 5でビルドされたアプリが必要となりますが、開発者およびユーザーにとって注目の新機能となりそうです。

スポンサーリンク