Windows 10版のSwiftがダウンロード可能に - 電卓アプリも動作可能!

S 20200923 103921

Swift開発プロジェクトは9月22日(現地時間)、Windows版のSwiftツールチェインイメージがダウンロード可能になったことを発表しました(AppleInsider)。イメージにはWindows 10上でSwiftコードをビルド、実行、デバッグするために必要となる開発用のコンポーネントが含まれています。

SwiftのWindowsへの移植は単なるコンパイラの移植ではなく、プラットフォーム上で完全なエコシステムが利用できることを目指して実行されたとのこと。これはSwiftコンパイラのほか、標準ライブラリやコアライブラリ(dispatch、Foundation、XCTest)がWindows上で直接利用可能になったことを意味しています。

Porting Swift to Windows is not about simply porting the compiler, but rather ensuring that the full ecosystem is available on the platform. This includes the compiler, the standard library, and the core libraries (dispatch, Foundation, XCTest). These libraries are part of what enables developers to write powerful applications with ease and without having to worry about many of the details of the underlying system. There are many technical details in the story of bringing Swift to a usable state on Windows, and if you are interested in them, I would recommend checking out my talk on the topic from the LLVM Developer Conference.

ブログ記事では、SwiftツールチェインとVisual Studio 2019を用いて作成された計算機アプリがデモとして紹介されています。

S 20200923 103746

アプリはCMakeでビルドされており、Windows版のSwift Package Managerのサポートは進行中とのことです。

iOSやMacのソフトウェア開発を長年行ってきたReaddleは、2019年からSparkメールアプリをクロスプラットフォー化するために、Windows版Swiftを使ったテストを実施しているとのこと。

GUIまでカバーしたクロスプラットフォームライブラリは数少なく、Swiftはその点でも開発者の期待を集める存在になるかもしれません。

スポンサーリンク