Swift Playgrounds 2.1が公開 - プレイグラウンド候補の表示機能が追加

Playground

Appleは4月30日(現地時間)、iPad用のSwift学習アプリ「Swift Playgrounds」の最新版v2.1をリリースしました(MacRumors)。同アプリはiOS 10.3以降を搭載したiPadで実行できるiPad専用アプリです。

Swift Playgrounds App
カテゴリ: 教育
価格: 無料
楽しく遊びながらプログラミングを学べる画期的なiPad用App。

v2.1では「新機能」に進捗に応じ、他のプレイグラウンド候補を表示する機能が追加されたほか、複数のSwift Playgroundsユーザーがいるネットワークでダウンロードを高速化できるmacOSのコンテンツキャッシュに対応しています。

• “新機能”に、これまでの進捗に応じて、次に試せるほかのプレイグラウンド候補を表示
• 複数のSwift Playgroundsユーザがいるネットワークでダウンロードを高速化するために、macOSのコンテンツキャッシュに対応

お知らせ: 姉妹サイトSwift StudyではSwiftを使ったiOS/Macアプリ開発情報を公開しています。Swift開発情報を探している方は是非お立ち寄りください。

スポンサーリンク