TensorFlow 1.0がリリース - XLAの試験的導入やデバッグ機能の追加

S 20170216 94526

Googleは15日、機械学習ライブラリ「TensorFlow」の最新版v1.0をリリースしたことを発表しました(Google Developers Blog窓の杜)。

TensorFlowは、比較的簡単に導入できる機械学習/ディープラーニング/ニューラルネットワークライブラリとして、2015年11月に公開されて以来大きな注目を集めています。

今回公開されたv1.0の主な変更点としては以下がリストアップされています:

  • XLA (試験的): CPU/GPUが利用できるドメイン固有コンパイラ
  • TensorFlowデバッガ(tfdbg): コマンドラインインターフェイスとAPI
  • Python 3 Dockerイメージ追加
  • pipパッケージ: pip install tensorflowでインストール可能に
  • いくつかのPythonのAPI呼び出しがNumPyに近い形に変更
  • 試験的なJava API
  • Android: 人認識/トラッキングデモ
  • Android: カメラベースの画像様式化デモ

その他互換性のないAPIの変更や、不具合の修正など多くの変更が行われています。詳細はGitHubのリリースノートで確認可能です。

スポンサーリンク