「Tweetbot 4 for iOS 4.4」がリリース - タイムラインのフィルタ機能が追加

NewImage

Tapbotsの人気Twitterクライアント「Tweetbot for iOS」の最新版v4.4が6月23日にリリースされました(MacStories)。TweetbotはiOS 9以降で使用できるユニバーサルアプリで、既存のユーザーは無料でアップデートすることができます。

Tweetbot 4 for Twitter App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥1,200
洗練されたUIが人気のTwitterアプリ。

v4.4では検索バーから任意のタイムラインに適用できる新しいフィルタ機能が追加されています。このフィルタ機能は、メディア、リプライ、リンク、ハッシュタグなどさまざまな条件を使ってタイムラインを絞り込むことができる機能で、既存のパターンのほかに独自のカスタムルールを作成することもできます。

Tweetbot

▲フィルタはタイムラインの上にある検索ボックスの横のアイコンをタップして追加します。

v4.4ではその他以下の変更も行われています。

  • ツイート詳細ビューのスレッド表示の改良
  • GIFアニメと動画をメディアプレビューで区別可能に
  • 140秒までの動画アップロードをサポート
  • 検索結果のメディアプレビューを改善
  • ボイスオーバーの改良
  • 3D Touchの改善
  • 引用でタイムスタンプを表示
  • たくさんのバグ修正

ちなみに理由は不明ですがこれまでTweetbot非公式アカウントとして日本語情報を公開されていた@TweetbotJPさんのアカウントが凍結されている模様。

スポンサーリンク