TweetbotがTwitter API変更に対応するためにタイムラインストリーミング機能やプッシュ通知機能を削除

Tweetbot 800x533

人気のTwitterクライアント「Tweetbot for iOS」の最新版v4.9が公開されました(MacRumors)。

8月16日(現地時間)に計画されているTwitter APIの変更によって利用できなくなる機能に対応するための更新となっています。

Tweetbot 4 for Twitter App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥1,200 → ¥600 (記事公開時)
iOS用の人気Twitterアプリ。洗練されたUIが特徴。

Tweetbotを開発するTapbotsは、最新版のリリースノートで、Twitter社が8月16日にAPIの一部を無効とし、代わりとなるものを提供しないことを選択したため、特定の機能を無効にしたり機能を低下せざるをえないと説明しています。

最新版では具体的には以下のような変更が行われています。

  • WiFi利用時のタイムラインストリーミング機能が無効に。タイムラインは1〜2分ごとに自動更新される。
  • メンションとDMのプッシュ通知が数分遅れる
  • いいね、リツイート、フォロー、引用のプッシュ通知が無効化。
  • ActivityとStatsタブが削除
  • Activityデータに依存していたWatchアプリも削除

Twitter APIの変更はSite StreamやUser Streamといった従来サードパーティ製アプリが利用していたAPIを廃止するというものです。代替のAccount Activity APIは有償で提供されるため、実質的にはアプリからは利用できない状態となっています。

スポンサーリンク