Twitter APIの変更が来週に迫る - TweetbotやTwitterrificへの影響は?

Hammer sledgehammer mallet tool

Twitter社は8月16日、導入が延期されていたAccount Activity APIを正式に公開し、Site StreamやUser Streamといった従来のAPIを廃止する予定です。

TweetbotやTwitterrificといった人気Twitterクライアント含め、廃止されるAPIに依存している全てのサードパーティ製アプリが影響を受けると予想されているなか、9to5MacがAPI変更廃止による各種Twitterアプリへの影響をまとめています。

まずTwitter自体の公式アプリに関しては、Macでは現在ネイティブアプリはすでに廃止されていて、WebベースのTweetDeckクライアントが唯一ストリーミングをサポートしている状態です。TweetDeckのストリーミング機能が継続して提供されるならば、一応Mac版TweetDeckでもストリーミング機能が継続して利用できることになりそうです。一方iOS版公式アプリはもともとストリーミングをサポートしておらず、こちらはもともと影響がないということになります。

サードパーティの人気アプリTwitterrificはすでに、最新版のアプリからプッシュ通知とストリーミング機能を削除していて、既存ユーザーに対しても来週動作が停止することを連絡しています。

またTweetbotの開発者はそれほどはっきりとしたコメントを発表していませんが、公式サイトのFAQには以下のような情報が掲載されています。

Is Twitter shutting down 3rd Party apps soon?

Twitterはサードパーティ製Twitterアプリをすぐにシャットダウンしますか?

No. On August 16th Twitter will be removing the streaming API used by Tweetbot and other 3rd party clients. They have a replacement API with most of the same features and we are trying to get access to it. Even if we can't get access to this new API, the majority of features in Tweetbot will still work. In the worst case scenario we won’t be able show notifications for Likes/Retweets and notifications for Tweets, Mentions, DMs & Follows would be delayed for 1-2 minutes. You’ll still be able to read your timeline, mentions, DMs and post Tweets just like you do today.

いいえ8月16日にTwitterはTweetbotやその他サードパーティ製クライアントが使用しているストリーミングAPIを削除します。同社は同じ機能を持つAPIで置き換えようとしており、そのAPIを利用しようと考えています。新しいAPIが利用できない場合でも、Tweetbotの大部分の機能は動作します。最悪の場合ライクやリツイートの通知の表示ができなくなり、ツイートやメンション、DM、フォローと言った通知の表示が1〜2分遅れることになります。タイムラインやメンション、DMを読みツイートを投稿することは可能です。

FAQの情報は若干古く、代替APIが利用できることに望みを託していますが、Tapbotsのサポートアカウントは以下のようにつぶやき、ストリーミング機能が停止する見通しであることを明らかにしています。

Twitter社の提供するインフラの上で動作しているアプリである以上、どのようなアプリであってもAPIの変更の影響から逃れる方法はないといえそうです。

スポンサーリンク