Twitterrific for Mac 5.3.7がリリース - 共有拡張機能やmacOS Mojaveのテーマ機能へ対応

800x500bb

The Inconfactoryは25日(現地時間)、人気Twitterクライアント「Twitterrific for Mac」の最新版v5.3.7をリリースしました。同アプリはmacOS 10.11.6以降に対応した有料アプリで、既存ユーザーは無料でアップデートすることが可能です。

Twitterrific 5 for Twitter App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥960
長い歴史を持つTwitterクライアント。

v5.3.7では、他のアプリからリンクや写真を簡単にツイートすることができる共有拡張機能や、macOS Mojaveのライト・ダークモードに対応した自動テーマ切り替え機能が追加されています。

まず共有拡張機能は、Safariなど多くのアプリに存在する「共有メニュー」から利用できるもので、「システム環境設定 > 機能拡張 > 共有メニュー」で「Twitterrific」を有効にすることで使用することができます。

S 2018 10 26 10 16 07

一方の自動テーマ切り替え機能は、Twitterrificの「Preferences > Appearance」の中にある「Timeline theme」で「System Appearance」を選択することで利用できます。

S 20181026 101438

「System Appearance」を選択した場合、macOS Mojaveのテーマ設定に対応して、ダークの場合はダークに、ライトの場合はライトにTwitterrificのテーマも自動的に切り替わることになります。

リリースノートは以下の通りです。

NEW FEATURES

Sharing Extension:
• Quickly and easily tweet links or photos directly from other apps with Twitterrific!
• Attach photos, use emoji and include accessible alt image descriptions
• Enable in System Preferences > Extensions > Share Menu

IMPROVEMENTS

• New theme settings that will automatically switch between light/dark when the system appearance changes (10.14+)
• Added an advanced preference to open all popovers as separate windows
• Muffled tweets can be easily unmuffled via the tweet's action menu
• Search query preserved when switching the between the Tweets/People tabs

BUG FIXES

• Switching between active accounts when composing a tweet no longer removes attachments
• Fixed Ollie's pew pews on 10.14+

スポンサーリンク