【悲報】人気Twitterクライアント「Twitterrific」がAPI変更に先立ち、プッシュ通知とライブストリーミング機能を削除

Twitterrificsad 800x470

Iconfactoryは本日、同社の開発するiOS/Mac用のTwitterクライアント「Twitterrific」をアップデートし、2018年8月16日に予定されているTwitter APIの変更にあわせ、利用不可能となるプッシュ通知やライブストリーミング機能を削除することを発表しました(9to5MacMacRumors)。

Twitterrific 5 for Twitter App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料
歴史あるTwitterクライアント。
Twitterrific 5 for Twitter App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥2,400 → ¥960 (記事公開時)
長い歴史を持つTwitterクライアント。

今後ユーザーはTwitterrificのアプリから通知を受け取ることができなくなるそうで、どうしても通知機能を使用したい場合、Twitterの公式クライアントを使うしか回避策はない模様です。ただしiOS版でプッシュ通知のための拡張機能を購入したユーザーは、Twitter社が旧APIを使用できなくするまでは同機能を使い続けることができるとのこと。

またライブストリーミング機能も使用できなくなりますが、こちらは自動アップデート機能によって代替されることになります。自動更新は2分ごとにタイムラインを更新する機能で、ストリーミング機能とは異なり、携帯ネットワークを利用している場合でも使用できるという利点はあります。

スポンサーリンク