Ubuntu 16.04.4 LTSがリリース

S 20180302 91011

Ubuntu開発チームは1日、長期サポート版Ubuntuの最新版となる「 Ubuntu 16.04.4 LTS(Long-Term Support)」のデスクトップ版、サーバー版、その他バージョンを公開したことを発表しました(PhoronixSoftpedia)。

Intel CPUの脆弱性Meltdown/Spectreに対する緩和策導入のため数週間遅れての公開となります。

Ubuntu 16.04.4 LTSではUbuntu 17.10をベースとしたカーネルの更新やグラフィックスタックの更新が行われおり、Linux 4.13 カーネルや、Mesa 17.2.2、その他ソフトウェアの更新版が含まれています。

前バージョンのLTSシリーズ同様、16.04.4もhardware enablement stacksをサポートしていて、Ubuntu ServerではGAカーネルがデフォルトに設定されているものの、ブートローダーを利用してHWEカーネルを選択することもできます。

Ubuntu 16.04.3 LTSから更新する場合、Ubuntu 16.04 LTSのデフォルトカーネルか、Ubuntu 17.10由来の最新カーネルを選択できます。どちらもMeltdown/Spectreパッチが当てられていますが、特定の最新ハードウェアに対応する必要がある場合、Ubuntu 16.04.4 LTSに含まれるArtful HWEカーネルをインストールして使用することもできます。

最新版へはソフトウェアアップデートを利用して更新可能です。

スポンサーリンク