【悲報】Ubuntu、Unityを捨てGNOMEに回帰

Ubuntu unity 800x600

Canonicalの創業者であるMark Shuttleworth氏は5日、Ubuntu用の統合デスクトップシェル「Unity8」の開発を終了し、来年リリース予定のUbuntu 18.04 LTSで、GNOMEが採用されることになると発表しました(PhoronixArs Technica)。

As we head into the new fiscal year, it’s appropriate to reassess each of our initiatives. I’m writing to let you know that we will end our investment in Unity8, the phone and convergence shell. We will shift our default Ubuntu desktop back to GNOME for Ubuntu 18.04 LTS.

ブログでは明言されていませんが、GNOMEではWaylandが採用されるため、Unity用に開発されていた新しいディスプレイサーバ「Mir」の開発も同時に終了すると予想されています。

Unity8はUbuntu搭載のスマートフォン「Ubuntu Phone」や、「Ubuntu Tablet」で採用された実績がありますが、デスクトップ向けではデフォルトとして採用されるほど安定せず、Unity7が選ばれてきた経緯があります。

UbuntuはUnityの開発を終了するかわりに、今後CloudやIoTの分野にフォーカスすることを約束しています。

スポンサーリンク