VeraCrypt 1.22がリリース - 新しい暗号アルゴリズムが追加

S 20180404 100832

VeraCrypt開発チームは3月30日(現地時間)、ドライブ暗号化ソフトウェアVeraCryptの最新版v1.22をリリースしました。

VeraCryptは2014年に突如開発が中止となったWindows用の暗号化ソフトTrueCryptのソースコードを継承して開発が行われているソフトウェアで、仮想的な暗号ドライブの作成や、ドライブやパーティション全体の暗号化が利用できるという特徴をもっています。

今回リリースされたv1.22は2017年7月以来となるVeraCryptの最新版で、手動でのアップデートが必要となっています。

v1.22のWindows/macOS/Linux版に共通の変更点は以下の通り:

  • Kuznyechik暗号の高速化
  • 新しい暗号アルゴリズムのサポート: Camellia-Kuznyechik、Camellia-Serpent、Kuznyechik-AES、Kuznyechik-Serpent-Camellia、Kuznyechik-Twofish

Windows版ではこれに加えMBRブートローダーに関する修正や、TRIMコマンドの取り扱いの改良など、さまざまな修正が行われています。詳細はREADME.TXTで確認可能です。

S icon タイトル VeraCrypt
公式サイト https://www.veracrypt.fr/en/Home.html
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6936-veracrypt
説明 TrueCrypt 7.1aのソースコードを元に開発されているディスク暗号化ソフト。

スポンサーリンク