Vim 8.1がリリース - Vim内でターミナルが実行可能に

Terminal debugger

Vim開発プロジェクトは18日、テキストエディタ「Vim」の最新版「Vim 8.1」をリリースしました(Phoronix窓の杜)。現在公式サイトより各種プラットフォーム向けの実行ファイルや、ソースコードをダウンロードすることができます。

Vim 8.1はマイナーリリースで、不具合の修正やドキュメントの更新がメインのアップデートとなっていますが、Vimウィンドウ内でターミナルを実行できる「ターミナルウィンドウ」の追加が行われています。

ターミナルウィンドウは、Vim 8.0で追加された非同期機能の上に構築されたもので、以下のようなさまざまな目的のために使用することが可能です。

  • 他のウィンドウで編集しながら"make"のようなコマンドを実行。編集しながらコマンドの実行状況を確認できる。
  • 一連のコマンドを実行できるシェルを起動する。
  • ターミナルデバッガープラグインを使用しVim内でデバッグ。sshで接続して作業している際とくに有用。
Shell terminal window

新機能の詳細はリリースノートで説明されています。

Pc タイトル Vim
公式サイト http://www.vim.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6995-vim
説明 viを拡張した高機能エディタ。

スポンサーリンク