Oracle、「VirtualBox 5.1」をリリース – パフォーマンスの改善、GUIのQt5化等

S 2016 07 13 10 12 32

Oracleは7月12日(現地時間)、無料の仮想化ソフトウェア「VirtualBox」の最新版v5.1をリリースしました(公式ブログPhoronix)。パフォーマンスの改善や、バグレポートツールの追加、マルチメディア機能の機能の改良など多くの修正が行われています。

v5.1の具体的な修正内容としては、GUIのQt4からQt5への移行や、Python 3サポートの改善、VMMの改良、新しいLinuxゲストに対するHDA(High Definition Audio)サポートの追加などがあげられています。

  • VMM: new APIC and I/O APIC implementations that result in significantly improved performance in certain situations (for example with networking, bug #15295)
  • VMM: added support for Hyper-V paravirtualized debugging of Windows guests
  • VMM: emulate even more MMIO and shadow pagetable exits without going back to user mode
  • GUI: overall migration to Qt5 (bug #11775)
  • GUI: passive API event listener improving the VM GUI performance and response time
  • Audio: added HDA (High Definition Audio) support for newer Linux guests
  • Audio: added on-demand timers which should improve the overall performance and reduce the CPU consumption
  • Audio: more fine-grained volume control for the AC'97 emulation, which now also takes the master volume control into account
  • better support for Python 3

その他多くの不具合も修正されています。詳細はChangeLogでご確認ください。

I screenshot1 タイトル VirtualBox
公式サイト http://www.virtualbox.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/4646-virtualbox
説明 Oracleが開発するデスクトップ向けの無料仮想化ソフト。

スポンサーリンク