VirtualBox 6.0がリリース - HiDPIサポートの改良やVMSVGA 3Dグラフィックスのサポートなど

S 20181219 104647

Oracleは12月18日、無料の仮想化ソフト「VirtualBox」の最新版、「VirtualBox 6.0」をリリースしました(Phoronix)。現在公式サイトより、Widnows / macOS / Linux用の実行ファイルをダウンロードすることができます。

VirtualBox 6.0は、メジャーバージョンアップ版として多数の新機能が追加されています。

具体的にはOracle Cloudインフラストラクチャーに仮想マシンをエクスポートするためのサポートの実装や、HiDPIやスケーリング機能のサポートの大幅な改良、ホスト・ゲスト間でのファイルコピーを可能とするファイル管理マネージャの追加、OS/2共有フォルダのサポート、LinuxゲーストのVMSVGA 3Dグラフィックスのサポートのサポート、オーディオ関連の改良などが含まれています。

その他不具合の修正含め、新機能の詳細はChangelogで確認可能です。

I screenshot1 タイトル VirtualBox
公式サイト http://www.virtualbox.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/4646-virtualbox
説明 Oracleが開発するデスクトップ向けの無料仮想化ソフト。

スポンサーリンク