Microsoft、Visual Basicをフェードアウトする意向を示す

S 20200313 114440

Microsoftは3月11日(現地時間)、「Visual Basic support planned for .NET 5.0」と題したブログ記事を公開し、.NET 5.0でVisual Basicはサポートされるものの今後積極的に新機能を追加しない計画を明らかにしました(Thurrott)。

.NET 5以降では、Visual BasicはClass LibraryやConsole、Windows Forms、WPF
、Worker Service、ASP.NET Core Web APIといったアプリケーションタイプをサポートするものの、Visual Basic言語自体を改良する予定はなく、.NET Coreと.NET Frameworkのバージョン間の互換性の改善に焦点をあてる予定とのことです。

Microsoftが.NETとともにVisual BasicとC#をリリースした際、2つの言語はほぼ同じ機能セットを備えていました。しかし時間とともに状況は変化し、プロの開発者はC#を採用するのに対し、VBユーザーは強力であるものの複雑化した.NET版の採用を諦めていった経緯があります。現在はニーズを反映してか、Microsoftの開発者向けドキュメントのほとんどは、C#版のみが提供されていて、VB版ソースコードは見つけにくくなっています。

ただしVisual Basic言語自体には新機能が追加されないものの、開発環境であるVisual Studioの改善にってVBユーザーが恩恵を受ける可能性はあり、具体例として、Visual Basic用のIntelliCodeの追加があげられています。

スポンサーリンク