ユニバーサルアプリ開発をサポートした「Visual Studio 2013 Update 2」リリース

Vs2013update2

Microsoftより、Visual Studio 2013の最新アップデート「Microsoft Visual Studio 2013 Update 2」が公開されています(WebインストーラーISOVisual Studio Blog)。Update 2では多数の不具合の修正や、パフォーマンス向上、安定性の改善が行われています。主な新機能は以下の通り。

  • Universal Apps: このリリースからWindows 8.1 / Windows Phone 8.1で動かすことができるユニバーサルアプリを構築可能に。
  • TypeScript: プレーンなJavaScriptにコンパイルできるJavaScriptの上位互換言。
  • Web Tool: web development toolsに新機能追加。SCSSサポート、JSONエディタ、ASP.NETテンプレート、URLピッカーなど。
  • Azure tools: Azureを簡単化するためのオプション。
  • Diagnostics: 診断ツールの拡張。
  • Slipstream install: Visual Studioの最新機能を1回でインストール可能に。

その他「Apache Cordova toolsの追加」、「.NETのクラウド最適化」、「.Net vNext」、「TFS 2013 Update 2」なども重要な更新された機能としてピックアップされています。

Cordova tools in Visual Studio」というのは、Android / iOS / Windows / Windows PhoneアプリをHTMLやJavaScriptを使って構築することができる「Apache Cordova」をVisual Studioの中で使うためのツールのようです。なかなかおもしろそうなツールですが実際の使い勝手はどうなんでしょうか。

全体的にモバイル/クラウドを重要視したアップデートになっている雰囲気です。

スポンサーリンク