Visual Studio 2019 Preview 1 for Windows/Macが公開

Vs2019 start

Microsoftは12月4日(現地時間)、「Connect(); 2018」イベントにて、Visual Studio 2019の最初のプレビュー版となる「Visual Studio 2019 Preview 1」を公開したことを発表しました(Neowin)。現在Windows版およびMac版をダウンロードすることができます。

Visual Studio 2019の新機能としてはまず起動時に表示されるスタート画面の改良があげられています。Gitリポジトリとの連携機能が強化され、GitHubやAzure Repos等のリモートリポジトリやローカルリポジトリの取り扱いが用意になっています。

UI関連では、アイコンの変更やブルーテーマの追加がおこなわれたほか、タイトルやメニューのコンパクト化が行われています。

また既存の「クイック起動」を置き換える新しい検索機能が追加され、設定やコマンド、インストールオプションなどを検索することが可能となっています。

Vs2019 search

開発に関連した新機能としては、for-loopsからLINQクエリへの変換や、タプルから名前付き構造体への変換機能が追加されたリファクタリング機能の強化や、コードに潜む問題を素早く解消することが出来るドキュメント状態インジケータやクリーンアップ機能の追加が行われています。

そのほかデバッガの強化や、共同作業をサポートするVisual Studio Live Shareの統合、pull request(PR)のレビュー・
実行・デバッグサポートの追加など多数の新機能が搭載されています。

Visual Studio 2019は本日公開された.NET Core 3をサポートしているとのことです。

スポンサーリンク