Visual Studio 2019 Release Candidateが公開

S 20190228 111151

Microsoftは2月27日(現地時間)、統合開発環境「Visual Studio 2019」のRelease Candidate(リリース候補)を公開したことを発表しました(The Visual Studio BlogNeowin)。

リリース候補の公開は、4月2日に開催されるバーチャルローンチイベントで、正式版が公開されるまでの最終ステップの一つで、現在、visualstudio.com/downloadsより各エディションのインストーラーファイルをダウンロードすることができます。

今回のリリース以降Visual Studio 2019には、リリースチャンネルとプレビューチャンネルという2つの製品チャンネルが導入されます。Visual Studio 2019 RCはリリースチャンネル(visualstudio.com/downloads)で、Visual Studio 2019 Preview 4はプレビューチャンネル(visualstudio.com/preview)で提供され、この二つのバージョンは同時にインストール可能とのこと。

4月2日にGA版がリリースされた場合、リリースチャンネルで提供されるRC版はGA版にアップデートできるのに対し、プレビューチャンネルでは、Visual Studio 2017と同様に早期提供機能を試すことができるようになります。

2つのチャンネルの違いは以下のグラフでも説明されています。

VS branching diagram 1600x500 1 1024x320

またプレビュー版はこれまでEnterpriseエディションだけしか提供されていませんでしたが、これがCommunity、Professional、Enterpriseに拡大されています。今後リリース・プレビューチャンネルでVisual Studioを使用し続ける場合、所有するエディションに切り替える必要があるとのこと。

スポンサーリンク