Visual Studio 2019の正式版が公開 - 無償版やMac版も

S 20190403 85538

Microsoftは4月2日(現地時間)、統合開発環境「Visual Studio」の最新版「Visual Studio 2019」の正式版を公開しました(Visual Studio Blog)。Visual Studio 2019はWindows 7 SP1以降の環境に対応し、無償で利用できるCommunityエディション含め、各エディションを公式サイトからダウンロードすることができます。

Visual Studio 2019の注目の新機能としては、ボタンクリックだけで警告や推奨を解決できるコードクリーンアップ機能や、AI支援によるコード補完機能の「Visual Studio IntelliCode」、リアルタイムの共同開発をサポートした「Visual Studio Live Share」が挙げられています。

S 2019 04 03 9 15 22

その他、起動時に表示されるスタート画面の改良が行われたほか、Gitリポジトリとの連携機能が強化され、GitHubやAzure Repos等のリモートリポジトリやローカルリポジトリの取り扱いが容易になっています。

ユーザーインターフェイス関連ではアイコンの変更やブルーテーマの追加がおこなわれ、タイトルやメニューのコンパクト化によって作業領域を大きくとることが可能になっています。既存の「クイック起動」を置き換える新しい検索機能の追加によって、設定やコマンド、インストールオプションなどを検索することも可能となっています。

そmacOSで利用できるVisual Studio 2019 for Macも同時に公開されています。

スポンサーリンク