「Vivaldi 1.3」がリリース - テーマ機能の追加、マウスジェスチャも強化される

S 2016 08 11 21 35 41

Vivaldi Technologiesは8月11日(現地時間)、Webブラウザ「Vivaldi」の最新版v1.3をリリースしました(公式ブログgHacks)。

VivaldiはWindows / Mac / Linuxに対応した無料ソフトで、各プラットフォーム向けの実行ファイルを公式サイトよりダウンロードすることができます。既にVivaldiをインストール済みの場合、本体のソフトウェアアップデート機能を使って最新版に更新することも可能です(Vivaldi > アップデートを確認より)。

最新版のv1.3では新機能を追加しつつ、既存機能の高速化や安定性の改善を行う2方向の取り組みが行われています。

テーマ機能

S 2016 08 11 21 37 33

追加された新機能としては「テーマ」機能があげられています。「Light」や「Dark」といった組み込みテーマを選択できるほか、プラスアイコンをクリックして、自作テーマを追加することもできます。

設定可能な項目は以下の通りです:

  • 背景、前景、ハイライト、アクセントの色
  • アクティブページからアクセントカラーを参照するかどうか
  • ウィンドウにアクセントカラーを適用するかどうか
  • 透明なタブを使用するかどうか
  • 角の丸さ

テーマの設定画面へは「vivaldi://settings/themes/ 」からアクセスできます。

マウスジェスチャ

S 2016 08 11 21 37 58

Vivaldi 1.3ではマウスジェスチャを割り当てることができる90以上のブラウザアクションが使用可能となっています。マウスジェスチャは高速化され、これまでよりもスムーズにブラウザやWebコンテンツをナビゲートすることができるよう改良されています。

プライバシー

S 2016 08 11 21 38 20

プライバシー設定では、便利な反面IPアドレスが漏洩する副作用が存在するWebRTC機能をオフにすることができる設定が追加されています。WebRTC使用時のIPアドレスのブロードキャストを無効にする場合、プライバシー設定画面で「broadcast IP for best WebRTC performance」のチェックボックスをオフに変更します。

その他多数の機能の改良や不具合の修正が行われています。詳細は公式ブログでご確認ください。

I screenshot1 タイトル Vivaldi
公式サイト https://vivaldi.com/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6942-vivaldi
説明 Opera創設者により開発中のパワフルなWebブラウザ。Windows / OS X / Linuxに対応。

スポンサーリンク