Opera創業者、ユニークな機能を満載した新ブラウザ「Vivaldi」をリリース!

Vivaldi

Operaの共同創業者で前CEO、John von Tetzchne氏が手がける新しいブラウザ「Vivaldi」のテクニカルプレビュー版が公開されました(PhoronixHacker NewsgHacks)。現在公式サイトより、Windows / Mac / Linux用のバイナリがダウンロードできます。

Vivaldiを起動してまず目が惹かれるのは、今風のフラットデザインが導入されたデザイン面かもしれません。シャープなタブやアイコンのデザインからクールな印象を受けます。

もちろん外観だけではなく、内部には先進のChromium / Blinkベースのレンダリングエンジンを採用。様々な機能をキー入力で行うことができる「クイックコマンド」や、簡単なメモを取ることができる「メモ」、サイトに素早くアクセスするための「スピードダイヤル」、タブを積み重ねて管理できる「タブスタック」などユニークな機能が多く導入されています。

また、現時点で早くも設定画面が日本語化されていてかなり完成度が高い印象です。以下各機能をスクリーンショット多めで紹介してみたいと思います。

機能の数々

クイックコマンド

クイックコマンド

「Tools > Show Quick Commands」で呼び出すことができます。文字を入力すると該当する機能が絞り込まれ、わざわざメニューを探すことなくコマンドを実行することができます。あの機能どこだっけ?がなくなって便利かも。

メモ

Vivaldi 1

画面左下のアイコンクリックでメモパネルが表示されます。メモの新規追加、検索などが可能となっています。

タブスタック

Vivaldi 2

タブをドラッグ&ドロップで重ねるとタブスタックとなります。多すぎるタブを管理するための機能として提案されています。

縦型タブ

Vivaldi 3

設定画面でタブの位置を「左」に設定することタブが縦に一覧表示されます。

設定

Vivaldi 4

全般設定、デザインの設定、ナビゲーション設定(キーボードショートカット)、ネットワーク設定、プライバシー設定を行うことができます。日本語でわかりやすいです。

まとめ

現在まだテクニカルプレビュー版ということで一部機能は実装されていませんが、早くもWindows / Mac / Linux用のバイナリがダウンロードできることや、設定画面が日本語化されていることなどから、完成度が高い印象をうけました。

公式サイトでは、新ブラウザ作成に至った経緯に関して以下のように説明されています。

We must make a new browser. A browser for ourselves and a browser for our friends. A browser that is fast, but also a browser that is rich in functionality, highly flexible and puts the user first. A browser that is made for you.

「我々は新しいブラウザを作らなければならない。私達自信そして友達のためのブラウザを。ブラウザーは高速で、また豊富な機能を搭載し、高い柔軟性を持ち、ユーザーを第一とする。あたなのために作られたブラウザだ」

おそらく現在のOperaブラウザが理想に合わなくなったことからVivaldi開発に至ったということでしょう。今後どうなるのか楽しみなブラウザです。

スポンサーリンク