VLC 3.0.5がリリース - macOS MojaveのサポートやAV1デコーダーの追加など

S 20181228 101657

VideoLANは12月27日(現地時間)、マルチメディアプレイヤーVLCの最新版「VLC 3.0.5」をリリースしました(公式ニュースgHacks)。現在公式サイトよりWindows/macOS用の実行ファイルやソースコードをダウンロードすることができます。

VLC 3.0.5は、VLC 3(コードネーム"Vetinari")の5番目のマイナーバージョンアップ版で、macOS Mojaveに関連した改良や、新しいAV1デコーダーの追加、Windowsデバイスのハードウェアアクセラレーションに関する不具合の修正などが行われています。

主な変更点は以下の通りです:

  • AV1コーデックの高速かつより包括的なサポート。
  • macOS Mojaveとの互換性の改良。ダークモードやNotarization。
  • Blu-ray再生、RTPとUDPストリームの改良。
  • MP4、MKV、CAF、AV1に関する改良。
  • HDRサポートの改良。トーンマッピングやWindowsのネイティブHDRサポート。
  • Chromecast、Direct3D11、Youtube、字幕のレンダリングの修正。

その他変更点の詳細はChangesで確認可能です。

Pc タイトル VLC media player
公式サイト http://www.videolan.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/983-vlc-media-player
説明 MPEG2に単独で対応したマルチメディアプレーヤー。

スポンサーリンク