VMware Fusion 11がリリース- macOS Mojaveや18コアのiMac Proをサポート

Vmw fusion mojave

VMwareは25日(現地時間)、macOS用仮想化ソフト「VMware Fusion」の最新版「VMware Fusion 11」をリリースしました(公式ブログMacRumors)。最新版は先日正式公開されたmacOSの最新版macOS Mojaveをホスト・ゲストとしてサポートしているほか、18コア搭載のiMac Pro、6コアCore i9を搭載したMacBook Pro 2018など最新のMacに対応しています。

グラフィックの面では、ホストとなるMacのMetalグラフィックレンダリングエンジンをサポートし、DirectX 10.1との互換性を確保。また最新MacBook ProのTouch Barにも対応しています。

Vmware application window

新しいアプリケーションメニューによって仮想マシンを素早く選択可能になったほか、MacBook Proモデルではカスタマイズ可能なタッチバーコントロールによって操作性も改善されています。仮想Linuxにssh経由で素早く接続できる「One-Click SSH」と呼ばれる機能も追加されています。

ゲストOSとしては、Windows 10 October 2018 Updateや、macOS 10.14 Mojave、Ubuntu 18.04.1、Fedora 28など最新の各種OSをサポートしています。

インストール要件は2011年以降にリリースされたMacで、OS X El Capitan 10.11以降となっています。

VMware Workstation Pro 15.0も同時に販売開始

またWindows向けの仮想化ソフト「VMware Workstation Pro 15.0」もリリースされており、こちらも最新OSのサポートや、各種新機能の追加が行われています(公式ブログ)。

S 20180926 84027

公式ストアではすでに販売が開始されていて、ライセンスの価格は以下の通りです:

ソフト 新規購入 アップグレード
VMware Fusion 11 9925円 6253円
Workstation 15 Pro 30877円 18565円

スポンサーリンク