リアルな話「WebKit.js」開発中

NewImage

WebKitといえばSafariやChromeで使われている有名なHTMLレンダリングエンジンですが、これをJavaScriptに移植した「WebKit.js」がGitHubで公開され、話題になっています(GitHubHacker NewsReddit)。

ソースコードはEmscripten 1.8.2 on MacOSX in Xcodeを使って作られたものでまだ開発段階。デモもありませんがビルド方法などは掲載されています。最低でも16GBのディスク容量と4GBのRAMが必要らしく、実際試してみるのは結構大変かもしれません。

このプロジェクトのゴールは、

  • WebGL/CanvasコンテキストをサポートしたPure JavaScriptレンダラーの作成。
  • 画像/WebページのキャプチャーとWebテストの自動化。
  • CSSフィルタ、HTMLエレメントと属性に関するプロトタイピングフレームワークの開発。
  • Pure JavaScriptレンダリングパフォーマンスのための実験ハーネス。
  • node.jsを含むJavaScriptベースのブラウザ開発。

とかなり真面目なもの。

2012年4月1日のエイプリルフールにWebKit.jsネタを使った人が、本当にWebKit.jsが登場して驚いているのもおもしろいです。

いろいろな可能性を秘めたプロジェクトみたいです。今後の発展に期待ですね。

スポンサーリンク