Microsoft、Windows 10の「電卓」アプリをオープンソース化

S 20190307 93336

Microsoftは3月6日(現地時間)、Windows 10に含まれる「Windows Calculator(電卓)」のソースコードをGitHubにて公開したことを発表しました(Windows BlogMSPoweruser)。ライセンスはMITライセンスが採用され、プロジェクトにはソースコード本体に加えて、ビルドシステムやユニットテスト、プロダクトロードマップなどが含まれています。

Windows CalculatorアプリはC++で記述された最新のWindowsアプリで、Windows 10にプリインストールされています。 通常の電卓機能のほか、科学計、プログラマ向けの計算機能も搭載し、単位や通貨コンバーター機能も利用可能です。

主な機能は以下の通りです。

  • 標準の電卓機能
  • 科学計算機能
  • プログラマ向け計算機能
  • 履歴とメモリ対応
  • 測定単位の変換機能
  • Bingのデータを利用した通貨の返還機能

ソースコードをビルドするための環境はWindows 10 Version 1803以降および、最新のVisual Studio(無料のCommunityエディションでも可能)となっています。

Visual Studioでは、"Universal Windows Platform Development"ワークロードや、"C++ Universal Windows Platform tools"、最新のWindows 10 SDK、XAML Styler拡張機能をインストールする必要があります。具体的な手順はGitHubで確認可能です。

VSInstallationScreenshot

基本的なアプリとして注目されることの少ない電卓アプリですが、UWPアプリ開発に興味のある方にとってはMicrosoftが提供するお手本として記帳な情報といえそうです。

スポンサーリンク