Microsoft、Windows 10用のキーボードマネージャーを作成へ

UI mainsettings

Microsoftは現在、Windows 10用のユーティリティ集「PowerToys」を公開しています。

今回このPowerToysにキーボードのマッピングを変更することができる新たなツール「Keyboard Shortcut Manager」を追加するための作業が進められていることがわかりました(MSPoweruser)。

キーボードのリマッピングツールは要望も多く、キーボードを多用する開発者やパワーユーザーの生産性の向上や、以前LinuxやmacOSを使用しているユーザーのWindowsへの移行を用意にするための効果が期待されるとのこと。

以下のような機能を追加することが計画されています。

  • Win+CのようなOSレベルのショートカットを無効にする機能。
  • OSレベルのショートカットはアプリのショートカットよりも優先。Alt+EnterはExcelではなくOSのアクションをトリガーする。
  • Winキーのショートカットはアプリ固有のショートカットよりも優先される。

Keyboard Shortcut Managerの参考資料として、macOS用の人気キーボードユーティリティ「Karabiner-Elements」のスクリーンショットも掲載されています。Windowsを知り尽くしているMicrosoftのキーボードリマップツールの仕上がりに期待が集まりそうです。

スポンサーリンク