Windows FormsアプリついにWindows 10 ARMデバイスをサポート、WPFも続く予定

Windows Forms app ARM64

Microsoftは6月25日(現地時間)、いくつかの新機能やパフォーマンスの改良を含む「.NET 5.0 Preview 6」を発表しました(MSPoweruser)。

本リリースの最大の注目点は、Windows ARM64でWindows Formsがサポートされたことです。Preview 4以降のバージョンでは、コンソールアプリとASP.NET Coreアプリをサポートしていましたが、Preview 6ではSurface Pro XのようなARMデバイス上で動作する、Windows Formsを利用したデスクトップアプリが開発可能となっています。

実際にARM64ラップトップで動作するサンプルWindows Formsアプリのソースも公開されています。

Windows forms

Windows ARM64向けのVisual Studio .NETリモートデバッガーのサポートは、Visual Studio 16.7で行われる予定です。またWPFアプリのサポートの追加も今後計画されています。

.NET 5.0 Preview 6はWindows、macOS、Linuxにも対応していてこちらからダウンロード可能です。

スポンサーリンク