I/Oパフォーマンスが最大20倍になる「Windows Subsystem for Linux 2」が発表

Wlinux

Microsoftは5月6日(現地時間)、Build 2019カンファレンスにてWindows Subsystem for Linuxの新バージョン「WSL 2」を発表しました(Phoronix)。

WSL 2ではアーキテクチャの変更により劇的にファイルシステムのパフォーマンスが向上するほか、完全なシステムコールの互換が確保されます。これによってDockerなどこれまで動かなかったLinuxアプリケーションがWSL 2上で動作可能になる見込みです。

WSLのネックの一つはファイルI/O速度が遅いことでしたが、WSL 2ではこの問題が少なくとも部分的には解決する予定です。例えば「git clone, npm install, apt update, apt upgrade」といった各種の操作が大幅にスピードアップし、圧縮したtarボールの展開ではWSL 1と比較して最大20倍に速度の向上が見込めるとのこと。git cloneやnpm install、cmakeなどを実行した場合でも2〜5倍の改善があったと説明されています。

一方互換性の面では、WSL 1がLinuxのシステムコールをNTカーネル上で実行するための変換層を利用していたのに対し、WSL 2では独自のLinuxカーネル(Linux 4.19)の搭載によって、完全なシステムコールの互換性が得られます。これによってWSL 1では不可能だったLinux版のDockerやFUSEなどのソフトウェアが動作可能になるそうです。

WSL 2は2019年6月からWindows Insider Program参加者向けに公開され、2019年末には一般向けプレビュー版が公開される予定です。

スポンサーリンク