【朗報】Microsoft、開発環境全部入りのWindows 10仮想マシンイメージを無償提供

S 2016 04 22 0 29 30

米Microsoftは4月19日(現地時間)、Windows Dev Centerにて評価用のWindows開発環境の仮想イメージを公開しました(Windows Blog窓の杜)。仮想イメージはHyper-V、Parallels、VirtualBox、VMwareの形式で提供されていて、2016年7月9日まで試用することができます。

今回公開された仮想環境は最新のWindows 10開発環境を時間をかけずにセットアップし評価するためのものです。評価用のWindows 10 EnterpriseにVisual Studio 2015 Community Update 2がインストールされていて、Universal Windows Platformや、Windows Bridge for iOSといったMac開発者でも気になる技術を試すことができます。

以下のコンポーネントが含まれています

ただし仮想イメージのサイズは20GB弱とかなり大きいのストレージの空き容量に注意が必要です。

スポンサーリンク