Wine 1.9.13がリリース - Sader Model 5、Direct3Dコマンドストリーミングの改良が進む

S 2016 06 25 11 13 35

Wine開発チームは6月24日(現地時間)、開発版「Wine」の最新版であるv1.9.13をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。現在公式サイトより各種LinuxディストリビューションやMac OS X用のバイナリ、ソースコードなどをダウンロードすることができます。

Wine 1.9.13ではDirect3D 11のサポートに必要となるShader Model 5(SM5)を実装する作業が引き続きおこなわれています。またWindows用ゲームのパフォーマンスを大幅に向上させることが期待されるDirect3Dコマンドストリームの実装へ向けた作業も継続しています。

  • New version of the Gecko engine based on Firefox 47.
  • More Shader Model 5 support in Direct3D.
  • Unicode data updated to Unicode 9.0.0.
  • Improvements to GDI paths and metafiles.
  • More progress towards the Direct3D command stream.
  • Joystick support improvements on Mac OS X.
  • Various bug fixes.

1.9.13ではさらにFirefox 47で使用されている新しいGeckoエンジンの導入や、Unicode 9.0のサポート、GDIパスとメタファイルの改良が行われ、OS Xではジョイスティックのサポートも改良されました。その他合計34件の不具合が修正されています。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク