「Wine 1.9.16」がリリース - Direct3D関連の改良、JavaScriptのパフォーマンス改良

S 2016 08 07 9 41 08

Wine開発チームは8月5日(現地時間)、開発版「Wine」の最新版v1.9.16を公開しました(公式ニュースPhoronix)。最新のv1.9.16では、これまで1.9.x系で行われてきたDirect3D関連の機能の改良が引き続き行われています。

具体的な改良点の一覧は以下の通りです。

  • macOSの64bit互換性の改善
  • JavaScriptパフォーマンスの改良
  • Direct3Dコマンドストリーム実装へ向けたさらなる作業
  • Direct3Dのシェーダー命令の追加
  • GDIのパフォーマンス改善
  • さまざまな不具合の修正

次期安定版であるWine 2.0は今年の終わり頃リリースされる予定。公式サイトからソースコードがダウンロードできるほか、Mac、Linux用バイナリが提供元からダウンロード可能となる予定です。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク